本物のピラティスを学びたい方へ贈る【ピラティスの歴史・真髄・哲学】

体が生まれ変われば、
心の輝きまで取り戻すことができる。
この体験をもとに、人がピラティスに出会う
お手伝いをしていきたい。

亀山美也子

●ピラティスを始める前はどんな生活をしていましたか?
毎日ヒールを履いた接客業。体調は壊しやすく、週に1回は必ず肩凝り頭痛、ヒールで足はボコボコ。腰や膝も痛む。
疲れやすく体力もも少ないなと感じながら仕事をしていました。
●ピラティスに出会ったきっかけ

私は鍼灸マッサージ師でもあり、初めての職場は病院でした。
リハビリ科に所属し、医者、理学療法士、鍼灸師の西洋、東洋医学の中で様々な患者さんをみていました。
ある日自分が、交通事故に遭いました。
精神安定剤、痛み止め、薬の生活が始まり、手術もし、リハビリを送ることになりました。心も身体もどん底になりました。
今ではこの体験が私の支えにもなっています。
一旦、医療の仕事は離れたものの、自分の身体の体調の悪さ、接客業をしている中でも沢山の人の足や歩行をみる機会があり、身体で悩んでいる方が沢山いることがわかりました。
そしてまずは自分の身体、心にしっかり向き合おう!と考え、新たに身体のことを学ぶ道を選びました。
最初はヨガインストラクターになる予定でしたが、ある人の『ピラティスは?』の一言から全く名前もしらないピラティスを調べ初め、沼津のピラティスボディスタジオにたどり着きました。
たまたまはじめて受けた櫻井先生のピラティスレッスンで、今までにない、身体の気持ち良さを感じました。
身体と心が生き生きした感じを久々に味わいました。
手術をしていたので自分にしかわからない身体の痛みや違和感…それがスタジオの帰りにはびっくりするほど違いました。
気持ちも同時に明るくなりました。
そして身体にいいものだ…と確信しました。
ピラティスは人生を幸せにできるとまでその時思いました。

●なぜ養成コースを選んだのですか?

ピラティスを学ぶといっても様々な団体があります。私はここで身体にいいもの!と体感したので、ロリータズレガシーを迷わず選びました。
ピラティスの歴史、真髄、哲学をしっかり学び、身体と心を育てるのはロリータズレガシーだと思いました。
ピラティスのマット資格を持っている方は増え続けていますが、ピラティスを知るにはマシンを知らなくてはという思いもあり、フル認定のコースを選びました。また、ピラティス?というものが増え続けている中、真のピラティスを知りたい!という思いも強くありました。

●養成コースを受けて、どんな変化がありましたか

まず身体が生まれ変わりました。沢山ありますが、肩凝り頭痛は週に一度は寝込んでいましたが、全くなくなりました。
ロリータズレガシーではフットをかなり重視していますので、使えていなかった足が生まれ変わり、膝の痛みはなくなり、普段の姿勢もよくなったお陰で楽に生活が送れています。
身体が元気になると共に心にも変化がでました。活力が湧く!これはロリータズレガシーのピラティスをやればわかります!
そして養成コースを受けたことで更にピラティスが好きになり身体に興味を持ち、人との関わりもよくなりました。
もっと知りたい!という更に学びたいと思わせてくれます。

●これからの夢、目標

海外での勉強も視野に自身学び続け、真のピラティスを広めること。そして、病院にピラティスを導入することを目指したい。
人がピラティスに出会い人生を豊かに幸せに送れるお手伝いができたらと思います。

「指導者になる」。
この強い思いが原動力です。
生き生きと学びながら
成長していける毎日が、とても楽しみ。

秋山奈摘

●ピラティスを始める前はどんな生活をしていましたか?

朝から晩までデスクワークで座りっぱなしな毎日を過ごしていました。
また学生の頃は運動部で毎日身体を動かしていましたが、社会人となり運動不足で体力の低下を感じたところが悩みでした。

●ピラティスに出会ったきっかけ

運動不足により、体力の低下に悩んでいた時ネットで検索して出てきたのがピラティスです。
ピラティスの効果を調べていくうちにまさに自分が求めていたものだったので、すぐ近くのスタジオに通い始めたのがきっかけです。

●なぜ養成コースを選んだのですか?

ピラティススタジオに通うにあたって、飽きやすい性格ですが飽きずに続けていけている自分がいました。
続けていくと、自分の身体の変化を感じました。風邪を引かない身体になり、生理痛も鎮痛剤を飲まなくてもいられるようになりました。
ピラティスの魅力を絶対家族やお客様に伝えたいという気持ちが強くあり元々身体を動かす事が好きな事もあり、「ピラティス指導者になる」という強い思いがありました。
東京で仕事をしていましたが静岡県に引っ越すことになり、調べてみたらピラティスボディスタジオを知りました。
代表の櫻井先生が東京でセミナーを開催することがわかり、申し込みました。
何か他の人と違うのを感じたのと同時に、どうせやるならロリータズレガシーで本物を学びたいと思いました。

●養成コースを受けて、どんな変化がありましたか?

1つ1つの正しいエクササイズを知り、より一層身体の変化を感じています。
周りからも、明らかに見た目も変化したと驚かれ、ロリータズピラティスの凄さを感じています。
現在、養成コースを受講中なのでこれからどんどん変わっていくことが楽しみです。

●これからの夢、目標

いち早くピラティスを指導できるようになる事が目標です。
また今後は家族やお客様にピラティスの魅力を提供し、提供した方全ての生活がより良いものになる事が私の夢です。

留学しても得られなかった答えが
このスタジオにありました。
ピラティスを巡る旅は
本当の自分に戻る道のりです。

大山直子

●ピラティスを始める前はどんな生活をしていましたか?
事務仕事や、物品の買い付けなどで海外に行ったり、マッサージを施述する仕事をしていました。
特に不満もなく、楽しく幸せに過ごしていました。体調の問題はありませんでしたが、自分自身の体のラインや姿勢にはすごく興味がありました。
●ピラティスに出会ったきっかけ
3年ほど前に、ホームステイをしてみたくてインターネットで検索をしていました。
ですが、たった1ヶ月では語学が上達するには厳しいと思い、語学の成果を持ち帰れないと思いました。
そこで、どうせ行くなら他に身につけて持ち帰れるものがないかと探していました。
そうしたら偶然にも、ピラティスの資格とホームステイ、そして語学学校の組合せでの留学が見つかったので申し込みをしました。
●なぜ養成コースを選んだのですか?
渡米中にピラティスのマシンの一つのリフォーマーに出会い、一度だけ使ってみたらすごい成果を感じてびっくりしました。
そして、迷わずリフォーマーを買って帰国しました。ですが、当然詳しい使い方を習ったわけではないので、使いこなすことができません。
米国では、ロスのスタジオに3週間ほど通い、英語がわからないまま見よう見まねで取り組んでいました。
ですが、3回程度リフォーマーに乗っただけで脚の感覚がすぐに変わりました。
その後、1ヶ月間ラスベガスで資格コースを今度や通訳を通して学びました。
しかし、その時は深い学びが得られず、ただ参加した、という形で帰国してきました。
このため日本に帰って来てからは、ピラティスの資格を取得したいというよりは、リフォーマーの使い方やその本当の存在意義を知りたくて、再渡米を検討していました。
ピラティスについてもあまり習得できた感じがなかったので、もっと深く学びたいと思っていました。
その時に、今度は櫻井淳子先生のリンクにたどり着きました。
淳子先生のバックグラウンドを見ると、海外で英語でピラティスを習得している、かつ、物理学専門というのがあり、 原理原則から学べるかもしれないと思い、とりあえず申し込みました。
実際に行って見ると、他の人とは何かが違う!という直感が間違いないことがわかりました。まさに、この人から学びたい!でした。
●養成コースを受けて、どんな変化がありましたか?

書ききれないほどありますが、その中のいくつかをご紹介します!
まずは、当初の目的のリフォーマーの使い方や原理、意味がわかるようになりました。
正しい使い方は、非常に大切です。そして、心身ともに多くの変化がありました。

動きに無駄がなくなって来て、効率よく動けるようになりました。
身体の位置も整い、新しく正しく身につけた動きのパターンにより、とにかく身体の動き全てが新鮮に感じられるようになりました。
そして、心身ともに、さらに自然体になりました。ピラティスが何か、ということも、このコースで1年以上かけて、ようやく実感できるようになって来ました。
ピラティスでは活力がみなぎるとも言われますが、常にワクワクしている感じやさらにハッピーな気分も強まりました。
そして、以前は海外に行かなくては、と思っていましたが、ここで学べたことでそいういった気持ちも少なくなり、まだまだ継続して学びたいことがたくさんあります。
とにかく、心も体も言葉にできないくらいたくさんの気づきがあり、変化がありました。
以前は執着していた体重などには興味がなくなり、ダイエットというキーワードが自分自身になくなりました。

変わったのは、体だけではありません。
少し表現は 難しいのですが、本当は幼少期にあたりまえに備わってた本来の体の在り方が、いつの頃からか成長とともに変わって来ていました。例えば、無意識のうちに社会や環境、感情によって影響され、書き換えられた動きに変化して来ていたことがわかりました。
そして、そのことに対して違和感も不自由さも特にない生活を過ごしていました。ですがコースを受けているうちに、そもそも備わっていた本来のあり方を、いま感じられるようになったと思います。
赤ちゃんがはじめて運動感覚が備わったとき、同じ事を何度も繰り返す動作をよくみるのですが、私もこの養成を受けて体の動きが奥深くて、何度も繰り返して確認するようになりました。
本来の動きを、自分の意識で体感できるようになることは、凄く素晴らしいです。
このようなスキルが身につき、すごく得した気分です‼
そして、淳子先生は、私にエクササイズだけではなく、創始者のジョセフ・ピラティスを教えてくれたと思います。

●これからの夢、目標
ピラティスは、想像以上に奥深かったことがわかりました。
このコースを受講する前以上に、ピラティスをもっと深く知りたい。感じたい‼と思っています。
そして、ピラティスのスキルを上げて、すべてのレベルのエクササイズをフローで、1曲の歌のように1枚の絵のように、体現できるようにしたいです。
そしてそこからが、ようやくピラティスのスタートだと思っています。